国立おざわ鍼灸・整骨院をTwitterでつぶやく

国立おざわ鍼灸・整骨院

クニタチオザワシンキュウ・セイコツイン

  • ブックマークに追加
  • 印刷用ページを表示
地域
国分寺市、国立市
カテゴリ
柔道整復師、鍼師、灸師
部位
4.5
[施術]
5
[サービス]
4.5
[雰囲気]
4.5
電話番号
042-519-9690
一押しポイント
国立おざわ鍼灸・整骨院では基本『手で治す』治療を心掛けております。東洋医学である鍼灸・整骨を用いて体の自然治癒力を活性化させ、体を良い方向へと導いて参ります。
  • 口コミを投稿する
  • 写真を投稿する
  • 店舗トップ
  • 写真ギャラリー
  • 口コミ
  • 施術内容
  • 地図

店舗紹介

国立おざわ鍼灸・整骨院の6つの特徴

【①鍼灸を求める患者様が圧倒的に多数を占めている】
来院される患者様の8割は、「鍼灸治療」を求める患者様です。鍼が苦手な方には手技だけの治療も行っております。凝っている部分に的確に鍼や指を当てる。そこにに気を使うのが、国立おざわ鍼灸・整骨院のポイントです。
【②予約優先でご案内】
予約優先診療を行い、患者様の待ち時間を限りなく少なくする努力をしています。施術者が集中できる環境を作り、患者様の満足度を上げる努力をしています。
【③鍼の響きを大切に】
国立おざわ鍼灸・整骨院独自の治療法「響鍼点」に基づき、患者様自身の「痛い所はそこだ」という認知感覚を大事にしております。
【④未病を治す「予防鍼灸」に力を入れている】
国立おざわ鍼灸・整骨院独自の治療「予防鍼灸」により、三大疾病の予防・現代のストレス社会への対策などが行えます。「働く人や高齢者を鍼灸治療で元気にしたい!」との思いで治療に当たっています。
【⑤患者様対応No.1を目指して】
衛生管理・スタッフ教育・安心と信頼の努力…全てを惜しまず、患者様に「またあそこに行きたい」と思って頂けるよう、患者様満足度No.1を目指しています。
【⑥交通事故治療にも特化】
交通事故で痛む筋肉は身体の奥にある筋であり、それを直接的に治療できる鍼灸で交通事故治療を行います。患者様が嫌な思いをされないよう、症状を長引かせない努力をしています。

  • 国立おざわ鍼灸・整骨院
  • 国立おざわ鍼灸・整骨院

口コミ

健康が一番!
投稿日:11-09-05

店舗から一言

国立おざわ鍼灸・整骨院には治療法が2つ確立されています。1つは「響鍼点」という治療法です。長年トリガーポイント療法を学び、そこから自分流に進化させた治療法です。患者様の「痛みの原因」に対し、鍼をより高度な技術で当てていく治療法です。もう1つは「鍼灸治療で病気を予防したい!日本を元気にしたい!」と思い、予防鍼灸という言葉を作りました。これにより、高血圧症の予防・響鍼点治療で鍼の響き感覚による抗ストレス作用・代謝亢進・血流改善などが見込まれ、未病に対してアプローチしていく事が可能です。スタッフ教育にも力を入れており、スタッフは良い環境で良い患者様に恵まれ、毎日成長して夢を追いかけています。鍼灸日本代表を目指して活動します!

治療院情報

店名 国立おざわ鍼灸・整骨院

大きな地図を見る

ジャンル 柔道整復師、鍼師、灸師
電話番号 042-519-9690
住所 〒185-0034
東京都国分寺市光町1-39-3
交通手段 中央本線「国立」駅より徒歩5分
駐車場 有(8台)
営業時間 月~土 9:00~12:00(最終受付) 15:00~20:00(最終受付)
   日 9:00~13:00(最終受付)
定休日 木、祝日
予約 平日、土曜 予約優先
日曜 完全予約制
カード 不可
空間、設備 鍼灸個室4部屋、接骨ベッド3台、中周波治療器、遠赤外線治療器、ウォーターベッド、
各種アロマテラピー
サービス
ホームページ http://bestchiryoin100.jp/list/shinkyu/clinic/about/145
オープン日 2006年4月
用途 神経痛、神経麻痺、痙攣、自律神経失調症、神経症、心身症、脳卒中後遺症、頭痛、不眠症、眩暈、肩こり、関節炎、関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、関節リウマチ、ぎっくり腰、頚筋強直、頸肩腕症、むち打ち症、捻挫、腱鞘炎、腰痛症、外傷の後遺症、心悸亢進、高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、動悸、息切れ、口内炎舌炎、歯痛、胃腸炎、胃アトニー、胃下垂症、胃酸過多症、胆石症、肝機能障害、肝炎、十二指腸潰瘍、下痢、便秘、痔疾患、風邪、風邪の予防、咳嗽、鼻炎、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、気管支喘息、ネフローゼ、腎-尿路結石、膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大症、陰萎(インポテンツ)、遺精、精機能障害、尿崩症、バセドウ病、糖尿病、貧血、脚気、痛風、皮膚炎、じんま疹、ヘルペス、汗斑(しみ)、円形脱毛症、不妊症、月経不順、生理痛、冷え症、更年期障害、妊娠悪粗(つわり)、胎位異常(逆子)、乳腺炎、乳汁分泌不全、疳の虫、夜啼き症、夜尿症、自家中毒症、小児喘息、虚弱体質、仮性近視、眼性疲労、眼瞼縁炎(ただれ眼)、麦粒腫(ものもらい)、結膜炎、フリクテン、弱視、涙管炎、耳鳴り、難聴、メニエール病、鼻炎、中耳炎、鼻血、副鼻腔炎

ページのTOPへ